メリットが大きいからこそ企業にとってもリサイクルは大切な問題です!

>

リサイクル法が適用されている身近な企業

家電リサイクル法とは

私達の生活の中で家電製品は溢れていますが、これらが故障したり買い替えなどで使わなくなった時には製品を収集して、リサイクルをするための費用を払う必要があります。家電リサイクル法は、平成10年6月に制定されて平成13年4月から施行されています。家電販売店には収集や運搬の義務を負わせて、メーカー側にはリサイクルの義務を課しています。そして家電製品を使っている私達消費者に対しては、そのための費用を負担する役割を持たせることで、それぞれのリサイクルに対する責任を分担することになっているのです。
このようにひとつ所に全責任を負わせることでなくそれぞれが分担をしていくことで、私達消費者もリサイクル問題に加わっていきやすい循環型社会を形成しているのです。

建設リサイクルとは

建設リサイクル法は建設の工事で発生した廃材のリサイクルを義務づけた法律で、平成12年5月に交付されて平成14年5月から施行されています。この法律によって一定の規模以上の新築工事や解体をする場合には、工事に伴い発生した木材、コンクリートを分別解体してリサイクルする法令が義務付けられています。分別をしないで解体をしたり、不法投棄をすることは禁止され、企業が違反をすれば罰金が課せられます。大きな規模ではない更地への新築やリフォームは対象になりませんが、現在の住居の建て替えは対象となりますので、該当する住居を持つ国民も多いです。
工事をする前に工事の発注者である建築主が管轄への届け出をしなければならなくて、これも違反をすると罰則規定が設けられています。私達の日常でもこのリサイクル法案のおかげで、近隣での違法投棄や健康問題に発展する粉塵の発生なども抑制されて安全が守られているのです。


TOPへ戻る